老後の生きがいとはなにか

老後の生きがいとはなにか

本日東京都は雪の予報でしたが、21時現在も降っておりません。体感的には身体が痛いくらい、寒いです。

■新型コロナのワクチンについて
数日前にyoutubeを見ていると新型コロナウィルス関連ニュースでノルウェーにてファイザー・ビオンテックのワクチンの投与を受けた約4万2000人のうち33人が亡くなったとニュースがありました。死亡したのは高齢者で基礎疾患をもっている人ばかりだったようですが、なかなか怖いですね。ファイザー製は日本での輸入予定、摂取時期は未定とのことですが、疾患なくても印象悪すぎTVでも報道してないような。ワクチンは基本副作用そんなもんっていうけど、、

https://www.youtube.com/watch?v=MDJ36VLINSk

■老後の生きがいについて

昨日高齢者施設にいき、実際に入居者さん数名のお話を聞く機会がありました。(事前に抗体検査を受けて結果は陰性でした) 目的としては、いま高齢者の方にどんな悩みがあるのかをざっくり知りたいなと思っていきました。最初話を聞かせていただく方に挨拶してお話開始。こちらが1質問すると、10かえってくるという形で、ずっと入居者の方のターンでした笑。
ご本人の故郷についてや仕事内容といった歴史から、いまどんな悩みがあるか食事はうまいか、コロナのせいで家族に会えないけどなにしてるのか・・・などいろいろお話を聞きました。

終わったあといろいろ考えたのですが、聞いた話では

・コロナになり余計に孤独になった。一日のうちほぼテレビを見るか読書をしている。レクもなくなった。
・家族または友達から連絡がくると嬉しい。年賀状を50枚書いた
・WEBで電話できる機能とかあるようだけど、そんなのはいらない
・車いすで無理だろうけど、旅行にいきたい、テニスがしたい
・みかんが大好きで、スタッフの方に悪いなあとおもいつつ買ってきてもらう。
・・・などまちまち。

少ない人数で共通の悩みを見出すこと自体あさはかだったのですが、
確実に共通することがありました。それは「話を聞いてほしい」ということだと感じました。
※結局14時から18時までの4時間程度、僕らは質問してうなづくだけ、共感するだけで入居者さんが9.5割話しておりました。

ところで、帰り際に施設長から聞いたのですが、「傾聴ボランティア」というボランティアがあるようです。下記URLの内容から引用すると「私たちができることは、相手の方にできるだけ多く話をしてもらい、そのことによって、その方自身の心の負担が少しでも軽くなるようにお手伝いをすること、また、同時に、考えの整理がついて自分なりの判断や納得に至ることのお手伝いをすることです」とのこと。大変すばらしいものだと思います。

https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/keityo_volunteer_new.html#:~:text=%E5%82%BE%E8%81%B4%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8C%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%8D,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

最後に当日お話を聞かせてくれた仕事一筋で過ごしてきた男性の方から自身のメモを大量にもらいました。事業に役立ててほしいと。大変感動かつ勉強になりました。

内容一部添付します。

とにかくパワーもらいました。今日はここまで!